ライター:期待を超える仕事をしよう

ライター:期待を超える仕事をしよう
LINEで送る
Pocket

ライターの給料が低すぎて困ったら

未経験の人がいますぐにフリーランスとして活動できる職種としておなじみなのが「ライター」の仕事。なんでもスマホでパッと検索の今の時代、Webライターの存在なくしてインターネットコンテンツの発展はないといっても過言ではないでしょう。
ライティング案件は、クラウドソーシングをのぞけば山ほど見つけることができますが、その単価を見ると1文字0.1円というものも少なくありません。つまり1,000文字書いてやっと100円、30万円稼ごうと思ったら月に300万文字も書かなければならないということです。ただ文章を打ち込むのではなく文章を考え続ける作業なので、生活の糧として稼ごうと思うと気が遠くなる話です。難易度と単価は比例していることが多く、最初は単価の低い案件のほうが安心して取り組めるかもしれませんが、続いてくるとだんだん費やす時間と報酬が見合わないことに悩むようになります。

ライターとクライアントの関係

質を追求するというよりも早くたくさんの記事が欲しいクライアント、コストをかけてでも質の高い記事が欲しいクライアントなど、ライターに期待されていることはクライアントによっても違いますが、せっかくコストをかけてライターに依頼するなら、できるだけ良い記事が欲しいと考えているものです。そうであれば、採算よりもまずは期待を上回るものを納品することを目指して努力してみましょう。
ライターとして活動している人は、プロ並みの実力がある人からまだまだライターとしては発展途上の人までレベル差が激しく、いいライターになかなか出会えないジレンマを抱えているクライアントも実は少なくないんです。クライアントが「この人にお願いしたい」と思うような成果を出すライターは、誠実に仕事をしている限り大切にされます。誠実なクライアントは、成果に対して適正な報酬を支払おうとします。するとライターが成果で応えようと頑張るようになります。そうしてお互いの信頼関係がしっかりとしたものになり、より良いコンテンツ作りへとつながっていくのです。成功しているクライアントとライターは、お互いの利益をとても大切にしているということなのです。

単価交渉をするなら謙虚な姿勢で

ライティング案件の単価はとにかく低いものですが、レベルアップするにつれて単価を上げることはできます。交渉に応じてくれるクライアントには、謙虚な姿勢で交渉してみましょう。ただ単価を上げて欲しいとお願いするのではなく、記事の作成にかける時間と労力をクライアントがイメージできるように説明しましょう。自分の知識や知恵を使って文章を作成するということは立派なモノづくり。その価値を認めることのないクライアントなら、交渉してまで無理にしがみつくのではなく、価値を認めてくれる他のクライアントを探したほうがいい場合もありますよ。