ライター:稼げる人と稼げない人の二極化

ライター:稼げる人と稼げない人の二極化
LINEで送る
Pocket

フリーランスライターの年収相場

「フリーランスのライターです」と言われれば「おおっ!すごいですね」と反応したくなるかもしれませんが、フリーランスの中でもライターの仕事は実は敷居が低めで、極端なことをいえば、自分の書いた文章がたとえ50円でもお金になればフリーランスのライターを名乗ることができます。そういう事情もあってか、同じライターでも給料格差はかなりのもので、平均年収300万円ほどという数字に違和感を持つ人も多いのが実態といったところ。
新聞や雑誌などの紙媒体なのかWeb系なのかによってもかなり収入には差が出ます。紙媒体のライターのほうが単価は高くWebは低めが一般的ですが、Web系ライターでも稼ぐ人は数百万円の年収を得ている人もいるようです。そのような「稼ぐライター」は純粋に文章だけで稼ぐというよりは、知名度を生かした多角的な活動で稼いでいることがほとんどのようです。

ライターに求められること

同じライターでも紙媒体とWebでは求められる要素が全然違います。実際、紙媒体のライターがWeb記事を書くと、読みづらくてわかりづらい記事になることも珍しくありません。Web記事を読んでいると、スラスラとストレスなく読める記事とそうでない記事があることに気づくかもしれません。紙媒体ならせいぜいページを進めるか戻るかですが、Webの場合は他の記事にすぐに飛ぶことができるため、読者離れを誘うような記事はどんなに良い内容でも「アウト」になってしまうことがあるのです。

Webライターで稼ぐ人と稼げない人

日々膨大な量のコンテンツが消費されているWebの世界は、常に新しい記事を必要としています。Webライターの需要はうなぎのぼりで、近年話題のクラウドソーシングサイトにはライティング案件が溢れかえっている状況です。しかし、よくよく見ると1記事かなりの文字数でも報酬数百円などという案件がゴロゴロ。ライター経験のない人でも気軽にスタートできる環境があるとはいえ、稼げる気がしないと感じる人もいるでしょう。しかし、そんな中でも稼ぐライターは確実に存在しています。1文字0.5円から1円、案件によっては2円、3円のものなど単価相場は記事のテーマや難易度によって様々ですが、文章を書くのが好きで得意分野がある人なら、初心者でも十分に稼ぐことができます。ただし、書きたいことをただ書くのではなく、求められていることを満たす文章を書かなければなりません。
多くの人は難易度の低い案件からスタートしますが、稼げる人はどんどん単価の高い案件にチャレンジし、稼げない人の多くは安い単価の案件から先へは進みません。高単価の案件にチャレンジしていけば、成果物に対してまとまった報酬を支払ってくれるクライアントとの出会いの確率も高まるので、ライターで稼げないと思ったら思いきって少し難易度の高い案件にチャレンジしてみるといいかもしれません。